Matera マテーラ サッシ住居

c0084213_634988.jpg


初日の宿は、これまた世界遺産に登録されているMateraへ。
マテーラで有名なサッシ(洞窟を住居としている)地区へ。
この地区のホテルはサッシ住居を改装して、宿泊施設として利用しているので、
改装をおえたばかりという、真新しいホテルを初日の宿として選びました。
なかなか洞窟のなかで寝ることなんてできないので・・・





夕飯はホテルのオーナーがお勧めのレストランへ。
ホテルからサッシ地区の街並みを散歩しならが行ってきました。
このレストランが、
味、雰囲気、 値段とも、言うことなしのレストラン。

初日から
この旅のキーワードか『食』になるのではと、思わせてくれるレストランでした。

翌日は日曜。
c0084213_6512122.jpg


教会のミサが街中に響く中、サッシ地区を探検。

ただでさえ、讃美歌が流れるおごそかな雰囲気だったのに
岩窟住宅で埋め尽くされた街並みが、
南イタリアの日差しを受けてできる、光と影のコントラストによって、一層静寂感をまし
まるでこの町自身が背負ってきた歴史の光と影を、映し出している錯覚に落ちて
重々しい雰囲気の中でいろいろと考えさせられてしまいました。

c0084213_6514451.jpgここでとった写真は、笑顔よりも、
神妙な顔つき(きっと子供たちはただ日差しが眩しかっただけだと思いますが・・・笑)
その面持ちが、サッシ住居としっくりと私たち家族を繋いでいる気がして
思い出にのこる、写真の一枚になったのでした。
[PR]
by takatomo0303 | 2010-03-30 07:04 |