カテゴリ:旅( 93 )

c0084213_8184282.jpg

パリから車で一時間半ちょっと車を走らせて、GIVERNYへ
モネが最後に住んだお家があります。
あの有名な『睡蓮』を書いた場所。
睡蓮の花の見ごろは夏。
イースター休暇でしたので、見ごろはまだ先ですが藤の花が咲き乱れ、
幾種類ものチューリップが顔をだし、薔薇のつぼみが膨らんでおりました。


c0084213_8284323.jpg

前回訪れた時はまだ莉菜がbebeちゃんだったので
家の見学は諦めましたが、今回は楽しんで、お宅訪問しました。
モネのお家の中には、沢山の浮世絵が飾られていて、おもしろい空間でした。
睡蓮の庭にかかる緑色の橋にも、『le pont japone』 なんて名前がついているくらい
モネは日本に傾倒していたのでしょうね~。
私たちがヨーロッパの文化にあこがれるように、モネも日本に・・・・
面白い発見があったジィベルにーでした。
[PR]
by takatomo0303 | 2011-06-09 08:29 |
c0084213_19274982.jpg


2日目はラドゥレで朝ごはんをまったり楽しみました。
leeは私のパン・ペルドゥにはまってしまいほとんど取られる結果に。
やっぱりサンジェルマンのお店が一番好きだななんて思いを馳せながら食べたかったのに、
となりから、「もう一口だけ」と大きなお口がありました。
5年前の最初のイースター休暇で朝ごはんを食べに来た時は、彼女まだ私のおなかにいたので、
なんだか感慨深い。こんなに大きくなちゃって!

c0084213_1927415.jpg
サンジェルマンからほど近い、ロダン美術館へ。
小さいころからよく、
実家からほどちかい静岡県立美術館のロダン美術館に
行っていて・・・
じつは、ロダンの彫刻にあまり興味がなかったのです。大変失礼。
そんなわけで、、
スルーしていましたが、お友達からゴッホの「タンギー爺さん」さんが
あるからその一点のためにもいくといいよ~とすすめられたので、
今回の旅はこの美術館に!

やっぱり教科書でみなれたタンギー爺さん。
背景に浮世絵がたくさん書かれているので、記憶されてる方もおおいのでは・・・
実際、その絵の前にたってみる贅沢さ。
ヨーロッパ生活のダイゴミ!
子供たちは、楽しそうに考える人を真似たり、案外たのしそう!

c0084213_1934558.jpgc0084213_19341822.jpg
今はおバカにしかみえませんが、きっと記憶に片隅に残ってくれるのではと
思っております。

ラドゥレで・・・
[PR]
by takatomo0303 | 2011-05-25 19:42 |
c0084213_443288.jpg

今年のイースター休暇の4連休は、parisへ

もう何度と訪れているのに、ここは治安が悪くて
なぜだか、未踏の地だったモンマルトルへ
アメリ気分で散策。

行ってみると、活気があってそんな怖い雰囲気もなくサクレクール寺院を
楽しんだり、
今回一番楽しみにしていた、布屋の問屋街をのぞきました。
お目当ての布は、生憎売れきれだったけれど、
カルトナージュをやっているものにとっては、聖地だよな~なんて
思った次第です。

おのぼりさんよろしく、記念にエッフェル塔のキーホルダーやら
オブジェを購入したわが家。
miiが「ラドゥレのバックに、これをつけているお友達がいて、
めちゃめちゃかわいいから!」なんていうので
露天商のおにいちゃんをひやかして買ってみましたとさ!
[PR]
by takatomo0303 | 2011-05-22 05:45 |
c0084213_85463.jpg

今回の旅のメイン。
ブダペストへ。
実は失礼ながら、ハンガリーってあまり興味がなかった私。
でも、ブダペストの夜景をみなかったら後悔するよ!という声・多々だったし、
出張で訪れていたパパも是非、見せたい!と太鼓判を押していての来訪でした。

そんな私のテンションをあげるために、ホテルはこだわって選んだのも大正解。
思い出に残るブダペストとなりました。
c0084213_8532528.jpg
初日、夕闇のなか車の中から突然、見えた夜景に、ただただ感動。
もう、くさり橋と王宮のライトアップ。
うなるものがありましたね!


c0084213_8535086.jpg


この写真のあと、ライトアップがはじまるまで王宮の中を散歩したり、
ケーキの美味しいと評判のお店でお茶したりと
贅沢に時間をつかって楽しみました。
そして、王宮からの素敵な夜景をみて、最後の夜を楽しみました。

そして、何より子供たちが喜んだのが、ホテルの隣接しているアクアワールド。
温泉ランドなのです。
ハンガリーと言えば温泉。でも市営の温泉はちょっと抵抗があった私。その点
ホテルについていて、まだ完成して間もないと聞いていたので、衛生面でも安全だとふんで
選んでみました。
ホテルに直結しているので、部屋からバスローブでプールに行けて、
かつジャグジーもあるので、大人も子供も大満足の滞在でした。
滞在中3回も出かけたわが家です。
MIIの旅行の中のベスト3に入るホテルになりました。c0084213_91875.jpg
[PR]
by takatomo0303 | 2011-05-16 08:54 |
またまた再訪となったオーストリアのウィーン。
ここでは、パパの大好きなシュニッチェルをたべ、ホテルザッハーの朝食・
クリムトの接吻を鑑賞してと、前回と同じパターン。
3年前と全然成長がない、アテンドママちゃん。
欲のまま、動いてますからね!

まずは、シュニッチェルで有名店「フィグルミュラー(Figlmüller)」
本店はすでに満席で入れなかったので、そこから3分ほどの支店へ
こちらもすでに行列でしたが、20分ほどでシュニチェルにありつけてご満悦のパパちゃん
c0084213_732293.jpg






そして、翌朝はママご希望のホテル・ザッハーで朝食
こちらも、3年前と同じ行動。
ホテルの前でこんなトラックと出合ってパチリ。
c0084213_752019.jpg

モーニングシャンパンに、舌鼓をうちつつ
c0084213_782852.jpg
お次は、クリムトの接吻を見るためにベルヴェデーレ宮殿へ。
ほろ酔いなのか、前回よりもうっとり、ねっとり鑑賞して大満足のまま、
一路スロバキアへ



駆け足で東欧を駆け抜けている中で、パパちゃんがどうしてもこだわった、
スロバキアに足を踏み入れること。
お地味!?なスロバキアのスーパーで買い物をして、物価の安さにもびっくりしつつ、
今度はハンガリー ブタペストを目指します。
今回のメイン @ハンガリーです!!!
[PR]
by takatomo0303 | 2011-05-16 07:03 |
前回は、ビールの本場ピルゼンに訪れたので、今回は、チェスキークロムニフ
おとぎ話にでてきそうな、この小さな町へいくために、プラハからえっちら2時間半。
この日は晴天だったので、町のお散歩に拍車がかかりました。

c0084213_55040100.jpg
散策早々、こんなマンホールをみつけ、パチリ。
旅行に初めてスニーカーで行った私。動きやすい!
って石畳歴5年にしてきづきました。







c0084213_5533997.jpg

チェコアニメの主人公 クルテク君を発見したり!

c0084213_555579.jpg
こんな飲んべいなおじさんと パチリ!













そしてそして、こんな景色が広がってすっかりバカンス気分な子供たちでした。
c0084213_556827.jpg

[PR]
by takatomo0303 | 2011-05-16 05:43 |
どうしても再訪したかったプラハ。
3月のお休みに東欧旅行と称し、チェコからハンガリーへ抜ける
旅をしてきました。
c0084213_355338.jpg
ヨーロッパ生活で、プラハを超えるところがないほど、
プラハに感動した私。
今回も期待に胸ふくらませ、行って参りました。

前回は、紅葉がはじまった秋に、そして今回プラハの春にもじって、三月に!
全然関係ないけれど、時期的にぴったりな言葉よね!?
ところが、極寒でした。
しかもお天気もいまいちで、どの写真も曇天ばかり。
ちょっと、前回の印象がうすれてしまいましたが、今回はカフェに重きを置いていたので、
乗り切れました。

c0084213_3555390.jpg

朝はやくに着く格安便でいったので、ブランチを兼ねて、早速カフェ・インペリアルへ

モザイクが美しく、おトイレもそれはそれは、素敵なカフェでした。
じつは、飛行機に日本語のガイドブックを置いてきてしまって、
パパにどっちかられた私。
でも、何度も行きたい場所は妄想済みだったし、2度目だったこともあり、
なんとか観光はできました。
現地につくまで、一度もガイドブックをみないパパには怒られたくないと
逆切れした私ですが、夕飯時にご一緒になった日本人女性に声をかけ、
明日再訪する、ウィーンのレストランの場所や、美術館の住所をひかえさせてもらって
難をのがれたのでした。
アチャーー、早朝の飛行機便 寝ぼけていて大失態を起こした私でした。

c0084213_414244.jpg
でも大好きなプラハのカテドラルのステンドグラスをみれたり、
のだめカンタービレのロケ地に降り立ったりと、
極寒ながら、満喫できた一日でした。
[PR]
by takatomo0303 | 2011-05-16 04:02 |
最後の晩餐を見た翌日は、
Parmaまで足をのばしてみました。
今回の旅の目的!?まわりのおしゃれさんが、こぞって、ここのコートがいいよ!!
っていわれているduveticaのoutletがあるから・・・・・。

絵よりそっちが、目的ね!!って思われる方が多いと思いますが、
ハハッその通りかも!!
しかも、ばっちりSOLDシーズンにいったので、
にほんでは考えられないお値段で手に入れることができて
幸せ。ご機嫌のParma滞在でした。
c0084213_613130.jpg

さてさて子供たちのお楽しみは、夕ご飯。
こちらは、ホテルのお姉さんのお勧めのトラットリア。
パルメジャーノ・レジャーノチーズで有名な子の産地ですので、
もちろん、パルメザンのリゾット・パルマハム・ボローニャソーセージ
miiに今まで食べてきた中で一番美味しい!!と言わしめたレストランです。
c0084213_605519.jpg
c0084213_611330.jpg

わたしは、飲んでみたかったこの地方の微炭酸発泡酒ランブルスコを飲んでご機嫌。
こんなに、飲んで食べてとってもお値打ちなイタリア。
べルギーでは考えられないお値段。。
いまUPしていても思い出してよだれがジュルジュルだわ
[PR]
by takatomo0303 | 2011-02-22 06:08 |
サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ 教会で、『最後の晩餐』を見始めたのが、
夜の18時45分
この時間しか予約がとれなかったのです。

最後の晩餐を見た後は、同じ時間に観賞していたvieちゃん家族と
最後の晩餐。

c0084213_549431.jpg下調べしてあった下町のイタリアンへタクシーを走らせます。
ここが、大ヒット。
私が食べたウニのパスタも美味しかったし、
vieちゃん旦那さんがたべた、アンティパストの盛り合わせが最高。
終始唸ってばかりいました。
c0084213_5492447.jpg

うちのmiiですが、どこでもジェノベーゼ。
ここのレストランでも、メニューにはないのに、お願いしてつくってもらうことに・・・。
子供って、もっとボロネーゼとか、クリーム系のパスタが好きなはずなのに、
味覚は大人並みのmiiでした。
[PR]
by takatomo0303 | 2011-02-15 05:40 |
おっ!気づいたら2月。
帰国準備が忙しいの??なんて声も聞こえていますが、いやいやまだこの地におります。

最高にPCの接続状況が悪く、日常にも差し支えるくらいイライライラ・・・・・・

忙しかったのは、年末から怒涛のように続く、週末旅行.
最後のSOLDを楽しもう~!を合言葉に、いろんな地へ旅行しておりました。
実は、仲良しのvieちゃん家族が本帰国してしまうため、
仲良しトリオ家族で、ロンドン・パリ。家族を引き連れ同じホテルに泊まり、ワイワイがやがやの
思い出旅行になりました。  
vieちゃん一家とは、ミラノに最後の晩餐を見に行く!!!!っていうので、
こちらにも便乗。3週連続で、週末お友達家族と旅にでていたのでした。
最後の晩餐は、どうにか、こうにかチケットを手に入れての鑑賞。
事前にダヴィンチ・コードにはまり、5回読み返し映画までみて望んだ私。
感慨深い絵画鑑賞でした。

c0084213_187516.jpg

ミラノのDOMOにて。。

domo横のデパートの7階のcafeにて・・・・ 横にDOMOがちらり~。
これを横目に
おいしいカプチーノをごくり!!カプチーノのミルクが♡になっているので、miiの手も♡
c0084213_18123788.jpg

[PR]
by takatomo0303 | 2011-02-08 18:12 |