カテゴリ:旅( 93 )


c0084213_17334435.jpg
『魔女の宅急便』の舞台ともいわれている、ストックホルムへ
晩秋の北欧を満喫してきました。


まずは、KIKIが住んでいた街の時計台あたりを散策。
(旧市街地ガラム・スタン)
子供たちも、大好きな魔女の宅急便の世界なので、はりきってお散歩です。
もちろんBGMは、ユーミンの『ルージュの伝言』と『ちいさなころ』を口づさみながら・・・・。

c0084213_173463.jpg


大広場でパチリ

c0084213_17383014.jpg



本当にKIKIやJIJIが住んでいそうな雰囲気。

ここを訪れてみて 宮崎監督は、クロアチアのドブロブニクとスットクホルムをミックスして
KIKIが住むコリコの町をつくったといわれていることが、わかりました。
ダイスキな宮崎映画の世界を、まじかに感じられて、
素敵な週末でした。


この五年のヨーロッパ生活で
一生分くらい旅に出て、正直、もうおなかがいっぱい!なんて
贅沢なことを思っているのですが、
宮崎監督の世界が広がっていたり、新しい国・街との出会いがあると、
やっぱり旅はやめられないな~なんて思っているしだいなのでした。
やっぱり、百聞は一見にしかず・・・
目でみて、肌で感じて、その土地の空気をの匂いを嗅いで
五感を磨ぎすますことって、
人が生きていくこと、成長することに大事な工程なんだろうな~なんて
改めて感じてしまいました。
[PR]
by takatomo0303 | 2010-09-22 17:49 |
また訪れたいと思いながら、4年も経ってしまったブルージュ。
いい加減再訪しようと、腰の重いパパをくどき行ってきました。


秋晴れが気持ちがいい土曜日。
c0084213_714848.jpg

大好きなチョコレートショップでチョコを仕入れて市街を散策。

レース屋さんをひやかしたり、馬車をながめたり、白鳥さんを観察したり、

秋晴れを満喫いたしました。

マルクトにて・・・・。
ベルギー生活に思いを馳せて。

c0084213_713134.jpg

c0084213_72641.jpg

大好きな古都ブルージュ。
きっとこれで最後の来訪になるでしょう
ちょっとおセンチなのは、色付き始めたマロニエの葉と、いわし雲もせいもあったでしょうね。
[PR]
by takatomo0303 | 2010-09-12 07:07 |
3週続けて、美術館めぐり。
今週は、パリへお出かけです。
まだ、パパが訪れたことがなく、私がおすすめの美術館へ
ピカソ美術館の青の時代の作品が素晴らしいので、そちらを見に行こうと
美術館の前に行くと、なんと2012年まで改装中。
c0084213_7452091.jpg

作品の一部が、ポンピドゥー美術館にあると記載してあったので、
そちらを訪ねてみることに・・・・。
ポンピドゥー国立近代美術館は、大好きなマティスの大作があるので
願ったりかなったり!!
初めて、その作品を見たときの衝撃を今でも覚えております。
それを、子供にもパパにも体験してほしいな~なんて
思いをはせながら、チューブになっているエスカレーターを登って行きました。

c0084213_7445633.jpg

我が家のパパの寝室にこのポストカードを飾ってあるのですが、
miiがすぐにこの絵と同じだと気づき興奮しておりました。
子供の記憶力ってすごい~。
きっと、miiは私と一緒で絵画鑑賞が趣味になるのでは!?
なんて思っております。
将来、また一緒に見に来ることができたらいいな~と
今から楽しみにしている私です。

今までに2回訪れているのですが、3度目の今回は、
カンディンスキーの抽象画が琴線に触れました。
10代・20代のころと、また違った観点で美術館を楽しめるようになってきた気がします。

あ~やっぱり、美術館巡り最高!
ビバ!musee!
shoppingも大好きだけれど、こんな身近に巨匠の作品があるヨーロッパに住めて
よかった~とつくづく感じた週末でした。

ポンピドゥーの最上階のカフェに訪れると、こんな風景がひろがっております。
c0084213_8351693.jpg
ビバ!paris!
[PR]
by takatomo0303 | 2010-08-14 07:40 |
c0084213_16372498.jpgアムステルダムに行く前に、ユトレヒトでちょっぴり休憩。
運河沿いをあるいてみました。
c0084213_16363414.jpg

ミッフィー美術館があるので2度ほど訪れたことはありますが、
市内探索は、はじめて。
教会の近くに車を止め、探索開始です。
駐車した目の前が、なんだか可愛い雑貨やさん。
吸い込まれるようにして店内へ。
なんとイギリスのショップのようで、リバティーの布が山積み。
最近見たことのないような柄や、今発売されているもののでも色の組み合わせがちがったりと
興味ある布達で一杯でした。
この時点で、ママのテンションは最高潮!

c0084213_16434466.jpg

少し歩いたところで、大好きなiittalaも発見。
日本では考えられないような値段で、販売されているので
つい、立ち寄ってしまいます。
この日もソルド最終日で70%品も沢山あったので、狙っていたものをget.
モダンなデザインですが、和食にも合いそうだったので、お家につれてかえってきました。
miiはいつもARABIAから発売されている、ムーミンカップシリーズのMIIに釘付け。
日本に帰る際に、記念に買うそうです~。
[PR]
by takatomo0303 | 2010-08-04 16:44 |
先週末に引き続いて、今週も美術館巡り。
オランダ・アムステルダムまで足をのばし、国立ゴッホ美術館へ行ってまいりました。
12年前に祖母と来たのを今でも鮮明におぼえております。

c0084213_2003622.jpg
ここには、「ひまわり」 「寝室」 「自画像」 「アイリス」とう、彼の代表作がたくさんあります。
miiが幼稚園でぬり絵をしたことを覚えていた「寝室」の絵が
修復中で本物を見せてあげることができませんでしたが、
迫力ある油絵に、miiも心を打たれたようでした。
最近は、入口でもらうパンフレットに描かれている何点かの絵を探すことを
楽しみに、美術館を楽しんでくれています。

美術館を出た後は、小腹がすいていたので、
コロッケの立ち食い~。アムス名物なので、一度たべてみたかったのです。
自動販売機の中に、アツアツコロッケがおいてあるのです!c0084213_2044349.jpg

そして、この後事件発生!!!
[PR]
by takatomo0303 | 2010-08-03 20:18 |
c0084213_20194366.jpg

4年前にも一度訪れたことがある、クレラーミュラー美術館へ行ってきました。
前回は、ナビもなく散々迷い、着いたときは閉園15分前でいれてもらえなかったので、
再度リベンジ。
c0084213_20292682.jpg

今回も、着いたのは閉園1時間半前でしたがゆっくりと鑑賞できました。
このクレラーミュラー美術館は、ヴァンセント・ゴッホ美術館につぐ、世界でも屈指の
美術館なのです。
ゴッホの中でも、もっとも有名な「夜のカフェテラス」 「郵便配達員」 「アルルの跳ね橋」があります。
作品はうっとりなのですが、
美術館の規模もさほど大きくないので、絵と絵の間隔が狭かったり、額にお金がかけられていなかったり
ちょっぴり残念な面もあるのですが、(個人所有の美術館なので…しょうがないですが)それ以上に絵のオーラが圧巻で素晴らしい美術館だと思います。


周りも国立公園の中ですので、鑑賞後はサイクリングを楽しめます。
美術館の閉園時間だったので、沢山あった自転車はあっというまに、無くなり
わたしとleeはお留守番してました。
miiとパパはママチャリで出かけて、公園内を満喫したようです。
私と、leeはこんな森林の中で待っておりました。
c0084213_2029624.jpg

お天気に恵まれませんでしたが、夏のいい思い出になりました。
[PR]
by takatomo0303 | 2010-07-25 20:14 |
6月の最終週、夏のSOLDをめがけ一路イギリスへ
c0084213_339448.jpg
ロンドンのいいところ。
まず、美味しい中華が待っていてくれます。
必ず、お昼はここで飲茶。
c0084213_3384329.jpg


お決まりのハロッズへも!!
c0084213_3395162.jpg



可愛いcafeもあったりして、miiのテンションもあがってしまい、
路上で鉄棒c0084213_3443153.jpg
c0084213_3444289.jpg



大人はお買い物を楽しみ、子供たちはロンドンタクシーや、ロンドンバスを
楽しめて、充実の一日でした。
[PR]
by takatomo0303 | 2010-07-06 03:46 |
ギリシャ最終日は、コルフ島。
オリーブオイルの名産地だけあって、島自体が緑に覆われていて
とってもきれいな島でした。
観光名所のパレオ・フルリオ旧要塞をみて、世界遺産に登録されていた旧市街をぶらつく。
途中入った教会のステンドグラスがとってもきれいで、
ぐっときました。
まわりは、観光客であふれているので、そこだけ静寂な雰囲気神聖な気分に・・・・。
そして、我が家お決まりの海沿いのカフェにもどって、休憩。
c0084213_22431343.jpg

こんな、空と海がどこまでも続いています。
ここでのビール格別ですね~






c0084213_2249548.jpg

そして、最終日!!
憧れのクロアチア・ドブロブニク。
大好きな宮崎監督の『紅の豚』 『魔女の宅急便』の舞台ともいわれている
(魔女の宅急便は、ストックホルムともいわれています。)アドレア海の真珠

ここは、もう言うことないほど美しかったです。
城壁をぐるりと一周まわりましたが、城壁からみた赤レンガの屋根が印象的でした。
要塞の一番上にのぼって・・・・窓からのぞくと・・・c0084213_22511188.jpg











c0084213_2252626.jpg

ほら、ここの路地。
コリコの街みたい。KIKIとJジジがさんぽしていそうでしょ。

[PR]
by takatomo0303 | 2010-06-05 22:54 |
4日目は楽しみにしていたアテネ観光。
遺跡巡りにあまり興味ないわたしだって、パルテノン神殿はみてみたいもの!

でも、撃沈。
兼ねてから心配していたストライキに、まんまと当たり、港にさえ寄港できないことが
判明。はぁ・・・・・・。

c0084213_5554246.jpg

そして、その代わった行き先が、NAFPLION(ナフプリオン)
↑どこよそれ!!!
って、パパと一生懸命地球の歩き方を探すこと数分。
みつかりましたが、なんともお地味な・・・・。

でもこれが観光してみると、ブーゲンビリアが咲き乱れ、かわいいカフェなんかも
あって、のんびりした雰囲気がなかなか良かったです。
この日がこの旅行中で一番暑かったかな??
そんな日は、のんびりメイン広場でまったり~
子供たちも、暑さでぐったりなのでパラソルの下のんびり、
英気をやしないましたとさ。c0084213_5574100.jpg
このタコのマリネ。
とっても美味しくて、おかわりまでしてしまいました。
タコ好きのmii&パパご満悦。。
[PR]
by takatomo0303 | 2010-05-31 05:58 |
3日目の早朝 憧れのsantorini観光。
この日は、ムジカがだしているエクスカージョン(ツアー)に申し込んで。
理由は、サントリーニー島 大型船が直接港に入れないため、
沖からテンダーボートに乗って上陸。ツアーに申し込んで下船すると、一番組で降りれると聞いて
ツアーに参加。
c0084213_16361999.jpg

イアの町観光は、隈なく路地を歩きまわり、あおいクーポールの屋根と写真を撮ろうと必死。
フィラの町に、はいってツアーは解散だったので、ここからぶらぶらショッピング。
そのあと、島の下側におりるためにロープウェイ乗り場にいくとすごい長蛇の列。
ここに乗るのをあきらめて、のんびり580段の階段コースを取ることに。
あーーーつかれましたが、そのころには空も晴れて、憧れのギリシャらしい風景でした。
でも階段をロバに乗っておりよう!!なんて乗り場もあるので、匂って大変でした。

c0084213_16473740.jpg

透き通る海 バックがミコノスタウンですそして、
この夜は、一番行ってみたかったMykonos島観光。
夜7時過ぎに着き、夜12時に船まで戻ってくるのです。
時間が短いとおもいましたが、夕暮れ時から夜にかけて、街がどんどん賑やかになっていきます。
c0084213_1659184.jpg

夕暮れ時、海岸ではしゃぐ子供たち
c0084213_1702641.jpg
夜のとばりがおりるころ ちょうど風車の前へ


この一日は感動し続けました。
思いでの一日です。
[PR]
by takatomo0303 | 2010-05-29 17:02 |