<   2010年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

c0084213_634988.jpg


初日の宿は、これまた世界遺産に登録されているMateraへ。
マテーラで有名なサッシ(洞窟を住居としている)地区へ。
この地区のホテルはサッシ住居を改装して、宿泊施設として利用しているので、
改装をおえたばかりという、真新しいホテルを初日の宿として選びました。
なかなか洞窟のなかで寝ることなんてできないので・・・





夕飯はホテルのオーナーがお勧めのレストランへ。
ホテルからサッシ地区の街並みを散歩しならが行ってきました。
このレストランが、
味、雰囲気、 値段とも、言うことなしのレストラン。

初日から
この旅のキーワードか『食』になるのではと、思わせてくれるレストランでした。

翌日は日曜。
c0084213_6512122.jpg


教会のミサが街中に響く中、サッシ地区を探検。

ただでさえ、讃美歌が流れるおごそかな雰囲気だったのに
岩窟住宅で埋め尽くされた街並みが、
南イタリアの日差しを受けてできる、光と影のコントラストによって、一層静寂感をまし
まるでこの町自身が背負ってきた歴史の光と影を、映し出している錯覚に落ちて
重々しい雰囲気の中でいろいろと考えさせられてしまいました。

c0084213_6514451.jpgここでとった写真は、笑顔よりも、
神妙な顔つき(きっと子供たちはただ日差しが眩しかっただけだと思いますが・・・笑)
その面持ちが、サッシ住居としっくりと私たち家族を繋いでいる気がして
思い出にのこる、写真の一枚になったのでした。
[PR]
by takatomo0303 | 2010-03-30 07:04 |
レストランですっかり腹ごしらえして、ばっちりほろ酔いになった私は、
Bari散策。
旧市街から海沿いをプラプラ。
こういうなんの目的もなく、歩くのも幸せ
途中leeがわんちゃんに、ちょっかいをだして吠えられたり、
教会も鐘の音に耳をすましたり、青い空・アドリア海にうっとりしたり、
でも、ここは南イタリアだから、油断禁物なんて思っておりました。
c0084213_522043.jpg

そのあとは、1時間半くらいのドライブ。
Alberobello(アルベロベッロ)へ。
とんがり屋根のトゥルッリを見に行ってみたかったので、感動。
c0084213_5222036.jpg

子供達には、小人さんが住んでるから散策してみよう!!なんて
うながして、トゥルッリの家を散策。
世界遺産にも指定されてるこの地区。
イタリアンジェラート片手に、ここでもプラプラお散歩。
念願の地でもお散歩。
たまらないひと時でした。
[PR]
by takatomo0303 | 2010-03-29 05:25 |
3月下旬 まだ天気の安定しないベルギーから一路
春 まっさかりの南イタリアへ

c0084213_3382272.jpg

格安チケットをつかって、まず降り立ったBari空港
ここから、5泊つかってローマまでレンタカーで移動。
途中 ソレントに三連泊して憧れの青の洞窟へ
なかなか春だと見れないと聞いていたので、3連泊して毎日
チャレンジできるように、日程調整。
ソレントに宿をとり、アマルフェ海岸を満喫。
ハネムーンで訪れた、ポンペイ遺跡にいったり、
カプリ島にわたり、青の洞窟に挑戦。

Bari空港に降り立ったわけのひとつに、世界遺産のアルベロベッロにいってみたかったから・・・・

やりたいこと、みたいもの、食べたいもの
盛りだくさんの旅でした。
唯一、イタリアにいたのに、買いたいものに出逢わなかったのが残念。
パパちゃんは安心していたけど。。。。
その分、グルメ三昧。
海の幸 イタリアンをたっぷり満喫してきました。


c0084213_3384331.jpg

まずは腹ごしらえと、Bariで一番の老舗のレストランへ
おいしいボンゴレ・海の幸のスパゲッティー・名物の耳たぶパスタ(オレッキエッテ)を注文して
満足な我がファミリーでしたが、
なんととなりの席の方たちが、みんな生ウニをたべだしたんですよね。
興奮したmiiがウニ食べてる人初めてみた~なんてガン見するので、
となりのおじさんが一つ味見させてくれました。
ここで、ウニにはまってしまったmii.
今度は、サービスでここの店長さんがmiiにこんなに沢山
サーブしてくれました。
お味はもちろんgood!!
イタリア人がこのウニの身を、フランスパンにつけて前菜にしていました。
わたしも一つ味見をさせてもらいましたが、お醤油が恋しくなってしまいましたわん。
[PR]
by takatomo0303 | 2010-03-29 03:45 |
c0084213_323281.jpg

久々に蛇腹のアルバムをつくってみました。

お友達のリクエストでL判がきっちりおさまるサイズにしてみました。

いままで、写真を切ったりして台紙に貼っていましたが
中の蛇腹になる用紙をL判をはれる大きさに調整すればいいのですね~。
気付かなかったわ。
[PR]
c0084213_0282018.jpg

カルトナージュの基本の形。

miiの担任の先生へのプレゼント。
先生のイメージの布がみつからなかったので、
私好みで仕上げてみました。
このイギリス製のファブリック さわやかなのに、エレガンスで気に入っております

一緒にうつっているのは、最近お気に入りのルームフレグランス。
この香り、いやされてます。
[PR]

c0084213_2319012.jpg

ベルギーではじめて食べましたタラのカルパッチョ。
白身魚のカルパッチョなんて、新鮮でなくちゃたべられないってみんなで感激
c0084213_23193114.jpg

メインはここお得意の若鳥のソテーこの鶏肉うまみが凝縮されていてたまりません。
c0084213_23194619.jpg

デザートは濃厚ショコラムース。
ここに駐在した当初からお気に入りのレストラン。
これで7度目の来訪。
いついっても美味しく、そしてお手頃、早いサービス。

以前ご近所に住んでいたグルメのマダムも、近々きっと☆付きレストランに
なるわよ~!!と太鼓判をおしていたお店。
いついっても、12時と同時に満席。

すでに予約が取りにくく、日本人の団体のお客様お断りって雰囲気なので、
レストラン名は伏せさせてください。

[PR]
by takatomo0303 | 2010-03-27 23:12 | レストラン
c0084213_18474961.jpg

今月のイタリアンのお料理教室は、オッソブッコ。
私のリクエストです。
お肉がとろけるくらい柔らかく、そして、レモンの香りがたまらない一品でした。
これは、リピート間違いなしです。

早く作って、家族にたべさせてあげよう。
きっとトマト煮好きな、娘たちは無言で食べ続けるのが目に見えてきます。
c0084213_1852375.jpg
パスタはゴルゴンゾーラのニョッキ。
こちらも絶品。
こちらは、さっそくペンネに変えてお家で実践済み。
家族からもお墨付きをいただきました。

あたらしいレシピが増えてうれしいお料理教室。
また来月も楽しみです。
[PR]
by takatomo0303 | 2010-03-19 18:52 | たべもの
c0084213_18344178.jpg

miiのバースディーケーキ第三段。
はっは、どれだけ祝いたいのでしょうね、ママちゃん。

この日はクラスのお友達と、一緒に。
きっと来年のお誕生日は、日本なので、最後のBon anniversaire!!のプレートに
なるとおもって、
フランス語のプレートをお願いしてみました。
この数字のロウソクも、ベルギーで2歳から毎年つかっているので・・・・。

ここ、sasakiさんのショートケーキは、食べれるmiiなので、
うれしくて、ちょっとしたお祝い事はいつもこのケーキです。

本人からもリクエストがはいるくらい,美味しく幸せを運んでくれるお味。

それにしても、おめでとう~!!
[PR]
c0084213_21423669.jpg

miiのクラスで、日本人学校にいく3人のお別れ会を開催してもらいました。
総勢18人のクラス。

半分以上はmiiがベベクラスから同じクラスのメンバーです。
miiも女の子たちとは仲良しだったので、さびしい模様。
でもきっとleeの送り迎えで逢いに来れる~と前向きです。
きっとそれ以上にランドセルを背負って、小学校に行くことを楽しみにしております。


こんなプチギフトもつくって渡してみました。
c0084213_21450100.jpg

日本とベルギーの旗をドーナッツにさしてみました。
誕生日会につづき、ママのお仕事これで終了。
3月前半はこんなイベント続きで、おちつかなかったな~。。

あと一週間元気に通えるといいな~。
mii、お疲れ様。
何も分からないフランス語生活の中でよく3年半がんばりました。
(私も頑張ったわ~)なんて自分も褒めてみました。笑
[PR]
c0084213_631841.jpg


今月のRoseberryさんのアトリエでつくったものは、こちらのハウス。
大好きなリバティーの「Nancy Anne」のパープルハウス


今月から中級にはいって、自分たちで厚紙をカットしていきます。
かわいいお家に、こどもたちにさっそくとられてしまい、
プレイモービルのおもちゃが沢山収納してあります。

もうすこし大きいサイズでもぜひつくってあげよう!!

それと、先生のお宅にあったイースターバニーとエッグ。
完全にツボ中のつぼ。
こんなに可愛いイースターグッズをみつけてしまう先生をますます
尊敬してしまった一日でした。
わたしも、ほしい!!
c0084213_675552.jpg

[PR]